Cocoonで使いにくいGutenbergエディターをプラグインなしで無効にする方法

Gutenbergエディターを無効にする ブログ運営

ワードプレスのバージョンをあげてはいけない。そんな呪縛に捕らえれて過ごしていました。それはなぜかと言うと記事作成時のエディターが変わってしまうからです。

WordPress5.0から新しく採用されたワードプレスのGutenbergエディターは、これまでのエディターを使っている人からするととっても記事作成が難しいと聞いていました。

まいまい
まい

グーテンベルグって名前もややこしいし・・

新しいものにちゃんと適応できるようにしておかないと!と言う気持ちもありつつ、それを聞いたら気持ち的にバージョンアップできなくなっちゃった私・・だったんですが!

さすがCocoon、テーマの設定だけ、プラグインなしでエディターを元通りにできました!

簡単な設定なのですが、感動したので紹介しておきます♪

WordPressのGutenbergエディターをプラグインなしで無効にする方法

Gutenbergエディターを使わないようにするには、バージョンアップを避けて通るか、プラグイン「 Editor」をインストールするしかないと思っていました。

先日、ブログのメンテナンスをしていて、ついにバージョンアップをすることにしたのですが、やっぱりGutenbergエディターは私にとってかなり使いにくいエディターでした( ´Д`)y

まいまい
まい

慣れなくて時間がかかってツライ・・

プラグインは出来るだけ増やしたくない(サイトの表示スピードとか気になるので)けど、仕方ないと思ってEditorプラグイン入れて、元通りのエディターの姿になりひと安心。

ところが、そのあと設定見てると、感動的な部分を発見!

サイドバー>Cocoon設定>エディター>
「Gutenbergエディターを有効にする」のチェックを外して保存するだけ!
まいまい
まい

え!プラグインいらんやん!

実はCocoonではワードプレスのバージョン上げても、この設定さえしておけばGutenbergエディターを無効にすることができたのです!

Gutenbergエディターはきっとエディターとしては優秀なものだと思うし、全体への影響も良いものなんだと思います。

だけど記事作成がしにくくて時間がかかってしまうとなると、私にとっては「記事を書かないようになる」と言う悪影響を及ぼしそうでした。

多分使いにくいと言う声を受けて、作者さんはこの機能を搭載してくれたのだと思います。

痒いところに手が届くワードプレステンプレートのCocoonはやっぱり使いやすいです♪

まとめ

ワードプレスのブロックエディターGutenberg。

使いにくい=プラグインをインストールして解決って感じもあるんだけど、プラグインなしでテーマで直接設定できると本当にありがたいと思うし、何より簡単です。

自分にとって使いやすいエディターで今日も記事作成を頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました