夫婦喧嘩しちゃった時の仲直りする方法〜実践しやすいもの5選〜

夫婦ネタ

どんなに普段仲の良い夫婦でも、毎日一緒に生活していると喧嘩することはありますよね。長期休暇や在宅勤務などしてるとさらに一緒にいる時間が増えてイライラしてしまったり。

でも喧嘩中ってイライラしつつも、心のどこかでは早く仲直りしたいと思っていたりしませんか?

だって、元通りのほうが楽しいし、我が家の夫婦喧嘩は相当雰囲気が悪く・・子供も微妙な感じになります。

これって自分にとっても家族にとってもよくないなーって思ったので、夫婦喧嘩の仲直り方法・夫婦喧嘩の原因ベスト5・夫婦喧嘩でこれは言っちゃダメ!ってことをお話ししたいと思います。

もし今あなたが夫婦喧嘩の真っ最中なら・・役に立ちますよ!

夫婦喧嘩の仲直りする方法!実践しやすい5選

夫婦喧嘩をすると相手に腹が立つけど、やっぱり仲良い時は幸せだな・・なんて感じる瞬間でもあります。

喧嘩中は相手にイライラもしちゃうし、素直にもなりにくいです。けど、ちょっと冷静になってこれから紹介するいずれかの仲直り方法を早い段階でとる努力をしてみてください!

相手の話に聞く耳を持つ

自分自身が怒っていると、相手の言い分には耳を傾けられなくなります。

ついつい自分の意志ばかりを尊重しがちになってしまうんですよね。

お互いにこうなってしまうと話は通じず、仲直りどころか関係を悪化させるばかりなので、まずは相手の話を聞く姿勢を作ることから始めてみましょう。

そして自分はどこがわるかったのか、また何が間違っていたのか。相手がこちらに伝えようとしていることは何か?を冷静に聞き、考えてみましょう。

もちろんこちらの言い分もあると思います。でもまず相手が言ってることに覚えがあるようならそこは素直に謝り、それから自分の意見を伝えてみましょう。

お互いの思い違いがあったりもしますので、まずは聞く状況を作ること。そして話せる状況を作ることが仲直りへの近道です。

無の境地

上記の「まずは聞いて、話す」という方法が素直になれずなかなかできない場合も多いですよね。

お互い腹が立って喧嘩をしている状況なので、聞く気になれない・話す気になれないって事もあるでしょう。

こんな時は、相手に対して意識して「」になってみる。これがかなりおすすめで、私はよくやる方法です。(笑)

「無」の冷却期間で自分も相手も気持ちが落ち着き、どうしてあの時怒っていたのか?をお互いに客観的に見ることが出来るようになってきます。

私なんて、なんで怒ってたんだっけ?って忘れることすらあります(笑)

とはいえ謝ることもしないので、話さない時間は数日続くことにはなるのですが、次第に怒りは少なくなり、もう話しても良いかなという心境に近づきます。

生活上必要な受け答えから少しづつ会話が始まり、だんだんといつも通りに。

うまくいけば相手からあの時ごめん、と言ってくるかもしれません。自分も悪いという気持ちがあるなら素直にごめん、と言える状況にもなります。

実はこの「無の境地法」は、私がパート先で出会った夫婦歴の長い先輩からアドバイスで実践した方法です。

実践してみるとこれがものすごく自分にとっても相手にとっても効果的だったので繰り返し使っています!

あくまでも腹が立っているから話さない!というのではありません。ひつこいようですが「無」です。

私は自分自身で実証済みなので、夫婦喧嘩して腹が立ってイライラしてどうしようもない時、試してみてくださいね。

贈り物をしてみる

どうしても仲直りのタイミングがないけど、自分が悪いなと感じている時は、プレゼントを買って相手に渡してみることも良いでしょう。

夫婦喧嘩中なのでかなり勇気はいることですが、夫婦間で予期しないプレゼントを贈り合うことって減っていませんか?

喧嘩中に誕生日や記念日があるときっかけができるので、プレゼントを渡しながら素直に謝ってみてください。

仲直りのきっかけ係をあらかじめ決めておく

喧嘩する前の行動が必要ですが、「仲直りのきっかけ係」を夫婦間で決めておくこともおすすめです。

自分が悪いと思っていてもどうしても謝れない、という人もいます。夫婦のうちどっちかがそうじゃないですか?

あらかじめ性格上きっかけを作れる方を選出しておき、喧嘩の際の行動を決定しておくというやり方です。

そして行動もある程度決めておきます。何でもいいんですが例えば

  • ぎゅっと抱きつく
  • じーっとみる
  • 座っている時に横にいく
  • 手を繋ぐ

などなど。

喧嘩中に話しかけること意地張っちゃうと難しいですが、あらかじめルールを決めておけば行動だけで相手に謝る意思があるということを伝えることができます。

謝れない体質の方も、相手に行動をしてもらうことで心を開くことができます。

家庭内のルールを決める

夫婦間の喧嘩の原因はその時々によって違うかもしれませんが、よーく考えてみると原因の根本は同じだったり、数パターンしかなかったりします。

これも喧嘩をしていない時に決めておかないといけませんが、よく喧嘩の原因となることがあるならあらかじめしっかりとしたルールを決めてみましょう。

ルール化することで同じ事が原因で喧嘩になることを防ぐことが出来ますよ。

また、喧嘩をしてもどちらが悪かったのかがわかりやすくなります。冷静になれた時に悪かった側から謝ろうと考えやすくなりますよ。

まとめ

実体験も元に、夫婦喧嘩の仲直り方法を紹介してきました!

どんなに仲の良い夫婦でも、ちょっとしたことがきっかけで夫婦喧嘩はしてしまうもの。喧嘩することでさらによくなる事もあるけど、やっぱり喧嘩中はつらいです。

この方法で仲直りがしやすくなり、嫌な時間が少なくなりますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました