【結婚記念日4年目】何婚式?今が夫婦仲の分かれ道?円満に過ごす秘訣!

夫婦ネタ

結婚記念日4年目!

倦怠期となりがちな3年目を超え、無事に4年目を迎えられたことはとても嬉しいことですね。

4年目というとキリも良くない微妙な年数ですが、4年目にもきちんと特別な呼び方があります。

今回の記事では結婚記念日4年目は何婚式か?そしてマンネリ化しやすい時期に夫婦円満にずっと過ごす秘訣を紹介します!

結婚記念日4年目は何婚式?


金婚式や銀婚式のように結婚記念日4年目にも呼び方があります。

それは「花婚式」(はなこんしき)です!

花なんてなんだかおしゃれですね♪他にも違う呼び方があって、「花実婚式」(はなみこんしき)や「書籍婚式」(しょせきこんしき)と呼ばれることもあります。

なぜこう呼ばれるようになったのでしょうか??

結婚4年目というと子供が出来たりすることが多く、新しく芽吹くというところから来ているようです。

まいまい
まい

4年目の前の年である結婚3年目は革婚式(かわこんしき)で、次の年5年目は木婚式(もっこんしき)。
どの呼び方もなんだか自然素材でいい感じですよね(笑)

結婚70年になるとプラチナ婚式とも言うんですよ♪

結婚70年目はちょっとまだ想像できないけど、素敵な夫婦生活をこれからも送っていきたいですね。

仲睦まじく過ごしていくためにはプレゼントも定期的に必要?プレゼントの記事もありますので、こちらを参考にしてくださいね。

結婚記念日4年目のプレゼント!夫から・妻から別のおすすめはこれ!
二人の特別な記念日である「結婚記念日」。プレゼントを贈り合うことで特別感はやっぱり増します。 高価なものだけが嬉しいのではなく、その気持ちに嬉しくなりますよね。 この記事では、「花婚式」「書籍婚式」とよばれる結婚4年目のプレゼン...

まだまだ長いであろう結婚生活を楽しく過ごすためには夫婦円満が一番!夫婦がずっと仲良くいられる秘訣を次にまとめますね。

結婚4年目の夫婦仲がこれからの分かれ道?ずっと仲良くいられる秘訣とは


結婚4年目となると良い意味で慣れもでてきてくる頃ですが、生活がパターン化したり、子供が出来ると色々我慢しないといけなくなることも。

そうなると生活がマンネリ化してしまいやすくなり、ちょっとした不満が出たりして夫婦仲が悪くなるケースもあります。

普段の生活に不満が出るようでは、それをずっと続けるのはいやですよね。ではどうすれば乗り越えられるのか?ちょっとしたコツを紹介します!

相手の趣味に少し入ってみる

まずこれ試してみてください!

例えば夫が好きな野球を少し一緒に見て質問したり、妻が好きな料理を一緒に手伝ってみたり・・などなど相手の趣味の部分にフォーカスして絡んでみてください。

すると相手は自分の好きなことに入ってきてくれたと感じます。

その”パーソナルスペース”の内側に入ると「どきどき」してくることがあります。脳は、そのドキドキを好きだからだと勘違いを起こします(笑)

これがとても良い刺激になるんです。

難しく考えずに、ちょっとした質問やちょっとの時間でOK。時間でいうと10分くらいで大丈夫。

ふと見る横顔にドキッとしちゃうかもしれませんよ♪

名前で呼び合う

子供が出来ると多いのが相手を「パパ」「ママ」と呼び合うこと。子供の前だからそう呼ぶのはありですが、名前で呼ぶことをもう何年もしていない・・なんてことになっていませんか?

名前で呼ばない期間が長くなると、男女の関係ではなく家族だけの関係になってしまうこともしばしば・・。

まいまい
まい

私は子供がいない場合名前で呼ぶことを意識しています(照)

久々だと名前で呼び合うのは恥ずかしいですが、懐かしい感じがしてときめきます♪ちょっとマンネリ化?と感じたら、勇気を出して名前で呼んでみましょう。

身体の接触を増やす

例えば抱き合うことやキスをすることが減ってませんか?

子供がいるとそういうことがさらに億劫になりがちだし、これも長い時間しないでいると、次にするのは勇気が入りますよね。

ですがスキンシップは夫婦にとって、とっても大事なこと!

もしも今全くスキンシップがなくなっているようなら、ちょっと触れるだけからだんだん復活させていきましょう。

まだまだスキンシップがあるという場合は、これからも続けていけるよう意識してみてくださいね。

やっぱり恋人の感覚ももちあわせた夫婦は仲の良さが長続きします。

夫婦円満になる為には相手に恋をする事と聞いたことがあります。恋の賞味期限は3年?いやいや、だからさらに恋をする。素敵なことですね♪

夫婦二人の時間を積極的につくる

子供の都合だったり仕事だったりでなかなかうまくいかないかもしれませんが、夫婦二人の時間を積極的に作ってみましょう。

普段はできないのであれば、結婚記念日付近に二人時間を作ってみては?

夫婦の時間ができたら、ぜひぜひ食事に出かけたり、映画を見たりしてデートをしてください。改めて楽しい時間を持つことで、夫婦の絆はもっと深まりますよ。

まとめ

結婚記念日4年目の呼び方は「花婚式」。とっても可愛い呼び方で好きです!

どんな風に結婚記念日を過ごしていくか?毎年悩むかもしれませんが、夫婦のことを考えたり懐かしいことを思い出したりするとても良い日です。

特別なことをしても、特別なことができなくても、二人にとっては特別な日には変わりありません。

たくさん会話をして、結婚記念日ならではの呼び方の話なんかもして、初々しく過ごせたら楽しいかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました